東大生による、東大生をさぐるメディア

地方公立出身の運動部女子。東大までの道のりもどうせなら楽しもう!

 
東大文科Ⅲ類の、山口ゆり乃さん
この記事を書いている人 - WRITER -
三浦康太郎
東京大学後期教養学部2年。宮城県石巻高校卒。現役で文科2類に合格。 学内では社会問題についての自主ゼミや起業サークルに参加。 経験格差を是正しつつ、没頭の技術を教育で広めることが目標。 今は、あえて遠回りに視覚や脳について学んでいる。 東龍網編集長。頑張る。
合格体験記最初のインタビューに応じてくれたのは文科3類1年の山口ゆり乃さん。愛知県立時習館高校出身で、東大の中では最も珍しい地方公立出身の女子。自身の体験について話す姿には、柔らかな雰囲気からは想像しがたいストイックな一面が現れていた。まだ笑顔に初々しさが残る彼女が過ごした受験生活はいったいどのようなものなのだろうか。

日本一の環境は刺激が多くて楽しいです

――本日はよろしくお願いします。現在は1年生ということですが、ずばり東大生活はどんな感じでしょうか。

同じクラスの人と陽気に楽しむこともできれば、ゼミの人と真面目な会話もできる。どちらもできるのが良いですね。多くの仲間と出会ってさまざまな価値観を知ることができる絶好の場所を得られたと思っています。­

――名古屋出身ということで、地元には名古屋大学、京都大学も近いですよね。そんな中でどうして東大を目指したのでしょうか。

勉強が好きで自分に合っていると思ったんです。名大がどうこうというよりは、東大は環境も人も恵まれていると。最初は京大志望でしたが高2の夏に転機があって。高1のときは部活が忙しいこともあってテストは10位内でふらふらしていました。でも高2の文理選択のあとに2番になったんです。そこで文系でこの順位なら東大にいけるかな?と意識し始めました。そこで地元でやっていた大学説明会に参加したら東大がすごく魅力的で。もともと東京はあまり好きではなかったのですが、そんなことがどうでもよくなるくらいに。やっぱり日本一の環境で周りの人から刺激を受けられる環境に身を置きたかったんです。向上心というか、上を目指したいという欲が強いので。

中学のときから勉強スタイルは変わっていません

――実際東大を目指してからの勉強はどうでしたか。

勉強は楽しかったですが、焦っていました。余裕なんてありませんでした。

――ちなみにどんな勉強をしていたのでしょうか。

もともと覚えるのは好きでしたが、教科書を何度も繰り返し読んだり一問一答をしたりするのは合いませんでした。日本史とかはまともに読んでないかも。なので代わりに自分で夏休みや春休みにまとめを作っていました。中学時代から期末テストの勉強でもそのように勉強していて習慣化していたので、高校でハンドボール部の活動が忙しくなってからもスムーズに勉強できました。おかげでテスト一週間前からも計画的に対策できたので良かったですね。

――塾などは。

塾は高1のときに東進に通って高3で東大特進に。特進は頼れました。東進は正直補助的だったかな…。でも、塾では東大対策をしてくれましたので、学校で対策しきれない部分を補ってくれたので助かりました。

――リフレッシュ法についてはいかがですか。

私、趣味が多いんですよね。年中でピアノを始めて、あやとりや折り紙、プラモデルとかが好きで、説明を読んで全部自分でやっていました。あとは水泳も。手芸やジグジーパズルにもハマりました。受験期は嫌になる前に科目を切り替えるか、小説かアルバムか。

――ちょ、ゲームやテレビの話が全く出てこないのですが…!

ゲームは禁止されていましたね。小さい頃たまごっちを一回だけやったことはあるかな。あ、DSで唯一進研ゼミのソフトをやったことはありますね。テレビは高2の秋から見なくなりました。YouTubeも見ませんね。

理想に届かない自分を支えたのは

――すごいですね!では受験期のストレスについてはいかがですか。

部活を引退するまでは時間的制約などでストレスがすごかった分、その後は勉強に専念できるのが嬉しかったですね。三回辛い時期があって。1つ目は文化祭の練習で学校に行かなければいけなかったとき。友人と2人で「勉強したいね」って顔を見合わせていました。2つ目は数学が得意な人たちばかりの中で数学をすることになったとき。私だけ得意というわけではなくて、自分だけ数学ができずに落ちるんじゃないかって怖くなりました。3つ目はセンター受験後で。学校で東大日本史の論述添削が始まったんですが、先生に、「書くべきことが全然違う」って言われて傷ついちゃったんですよね。不安になりましたし、そのときは自習しながら泣いていました。受かりたいと思うからこそ、理想と現実の差に悩まされました

センター前に部活の後輩からもらった応援グッズ

――そんなときの心の支えは何でしたか。

受験のときに心に留めていた格言があって。「花の咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ、やがて大きな花が咲く」という時習館の先輩の言葉ですね。あとは羽生結弦さんの名言集かな。他には、スマホのロック画面を東大のイチョウ並木にしていました。赤門だとわかっちゃうので、自分にだけわかるように。

スマホの待ち受け。

­――つらい時期を乗り越えての今がありますが、そのときの知識は今も役に立っていますか。

英語と現代文はかなり役に立っています。講義を受けるベースですね。歴史はあまり役に立っていないかな…。一部の本当に歴史強い人たちが怖くて講義をとれないんですよね(笑)。大学の歴史は高校とは違って、教科書のたった3行のことを深掘りしていくようなものなので。理科基礎は大学の講義を楽しむには必要だと思います。古典は必要ないと思われがちですが、分かってないと歴史資料読解が辛いと思います。

――大学の講義は高校までの授業と全く違うと思われていますが、根底の部分では深いつながりがあると。では最後に東大を目指す人たちに向けてのメッセージをお願いします!

受験は決められた日までにどこまで仕上げられるかが勝負だと思います。模試などを参考に計画をたて、修正しつつ、科目のバランスなど戦略も練りながら進めていってください!自分の将来に向けた第一歩となる受験勉強、悩むこともあるかもしれませんがどうせやるなら楽しんでいきましょう!

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。私たち『東龍門』は、東大生ならではのノウハウを活かし、受験や勉強に役立つ情報をTwitterでも発信しています。よかったらチェックしてみてください。また、質問などもお気軽にどうぞ!

執筆:三浦康太郎

編集:ニシヤマミオ

この記事を書いている人 - WRITER -
三浦康太郎
東京大学後期教養学部2年。宮城県石巻高校卒。現役で文科2類に合格。 学内では社会問題についての自主ゼミや起業サークルに参加。 経験格差を是正しつつ、没頭の技術を教育で広めることが目標。 今は、あえて遠回りに視覚や脳について学んでいる。 東龍網編集長。頑張る。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東龍網ーTORYU NETー , 2018 All Rights Reserved.