ドラゴン桜2をサポートする東大生による、東大生をさぐるメディア

覚悟があれば道は拓ける。精神力も立派な強み!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三浦康太郎
東京大学後期教養学部2年。宮城県石巻高校卒。現役で文科2類に合格。 学内では社会問題についての自主ゼミや起業サークルに参加。 経験格差を是正しつつ、没頭の技術を教育で広めることが目標。 今は、あえて遠回りに視覚や脳について学んでいる。 東龍網編集長。頑張る。

今回取材に応じてくださったのは文科三類、経済学部内定の栗山りえさん。高山ゼミで精力的に活動していてしっかり者としてクラスでの信頼も厚い。果敢に挑戦し努力する彼女を裏打ちしていたものは「メンタル」だという。北海道からの東大現役合格を果たした彼女の人生とは。

勉強から自信を、経験から考えを。

――まず、高校までのことを教えていただけますか?

『多分、珍しいと思うんですが、私は小学校は公立で、中学受験して私立の中高一貫校に入ったのですが、思うところあって高校受験して別の私立高校に入ったんです。』

――中学受験って地方だとする人も少ないですよね?ご両親がご熱心だったんでしょうか。

『確かに私の小学校からも中学受験したのは2人でした。でも両親は勉強に限らず、自由にやりたいことをやりなさい、といったスタンスでしたね。塾には小5から行きました。もともと全く行くつもりはなかったのですが、全国統一小学生テストという無料のテストを見つけて。全国的に見て自分がどのくらいの位置にいるのかということをタダで知れるならいいなって思って受けてみたんです。そしたら塾に勧誘されて、体験授業がとても面白かったこともあり、当時中学受験は全く考えてもいませんでしたが通うことを決めました(笑)塾での勉強、テストは大変でもあったけれど、頑張って、出来た!という繰り返しが本当に楽しかったです。学校に行くより、塾の方が楽しかったです(笑)中学受験専門の塾だったので、周りの友人は皆志望校をちゃんと決めていました。何となく入った塾でしたが、私も挑戦したいと思ったのは自然な流れだったと思います。 』

――へぇ。それは良いきっかけでしたね。

『はい。もともとはすごく大人しい性格だったんですが、勉強して自信がつき出した結果、自分の考えを少しずつ言えるようになったんです。今ではすっかり気が強くなってしまいました(笑)』

――自信って大事ですね。中高一貫なのに高校受験した、とおっしゃいましたが、中学はどんな感じだったのですか?

『受験勉強が楽しかったので、中学ではもっと勉強したいと思っていたんです。ただ当時の北海道には、私立女子のトップといえばここ!という有名な学校がなくて。塾の先生に勧められた学校に行くことにしました。その中学は先生方の授業もわかりやすくて成績も格段に上がりました。古典、英語の基礎は中学時代に築けたと今も感謝しています。でもある時私はこのままだと勉強しかできない人間になってしまうんじゃないかって不安になったんですよね。もともと人と話すのが苦手だったこともあり、このまま大学に行って、社会人になって…ってそれでいいのか、コミュニケーションなど人間としてもっと必要な能力を伸ばすべきなんじゃないかって感じて、高校受験することにしたんです。中学での普段の勉強がかなりハードだったこともあり、あまり受験勉強はしませんでしたが』。

――わざわざした受験した高校の何が魅力だったのですか?

『その高校は海外経験を重視していて。交換留学制度を利用してアメリカで1週間のホームステイをさせてもらい、留学生の受け入れも経験しました。修学旅行も7つの海外研修プログラムの中から1つ選んで行く、というような感じで。私は修学旅行ではポーランドとリトアニアを訪れたのですが、これらの海外経験によって日本に対する考え方も変わりましたね。』

――なるほど。座学以外の経験が増えたんですね。

E判定でも気持ちで負けない。

――勉強以外の経験も積む中、なぜ東大を目指したのですか?

『高校に入るまでも「東大に行ったら?」と言われることは何度かありました。でも実はあまり東大に行こうとは考えてなかったんですよね。北海道だと皆、北大に行ければ万々歳って感じで、自分も北大に行くもんだ、って思っていたので。でも、高校1年から3年まで担任を受け持っていただいた先生に「お前は東大に行ける」って入学直後に断言されたんです。「行ったら?」ではなく「行ける」と言われたのは初めてで。それで本気で東大受験を考え始めました。進振りがあったことも、将来何がやりたいのか決まっていなかった自分にとっては魅力的な制度でしたね。両親も本州出身だったので東京へ出ることに対する反対も特にありませんでした。』

――受験勉強は、いつから始めましたか?

『高2の10、11月ごろからです。実は高1で東大のオープンキャンパスに来たのですが、そこでFair Wind の方に部活の引退時期や受験勉強のことを相談して。田舎で情報も少なかったので、このような機会があったことはとてもありがたかったです。その結果、2年の秋に吹奏楽部をやめて受験勉強を始めることにしました。高校の方針で部活動をやってると現役合格はちょっと厳しいんじゃないか、とも思いましたしね。英語と国語はそこそこできましたが、数学は苦手でした。歴史はそもそもまだあまりやっていませんでした(笑)』


栗山さんが高2のお正月に書いてずっと自分の部屋に貼っていた書き初め。
強い意志が感じられる。

――大学受験のために塾に通いましたか?

『いえ、行きませんでした。高校の担任が勧めてくださったんですが、和田秀樹さんの『新・受験技法』という本に出会って。東大合格のためにすべきことが詳しく書いてあるんですね。模試の成績に対しても、High、 Middle+、Middle−、Lowの4段階に分けられていて、それぞれの科目で自分が今どのレベルにいて、何ヶ月後にどこまで上げたいか、そのために適した参考書などが書いてあります。この本を片手に札幌の一番大きい本屋まで参考書を買いに行って、基本的に学校は無視して自分で勉強しました。受験勉強と学校の宿題のバランスが取れず、校長先生に授業内容の改善を求めて直談判をしに行ったこともありました。』

――直談判!その後は順調に進んだのですか?

『いえ、実は高3の10月に担任の先生が体調を崩して突然辞めることになってしまったんです。担任の先生は生徒一人一人に合った参考書を勧めて下さるほど熱心で頼りになったんですが、急にいなくなってしまったので相当ショックを受けましたね。代わりに進路担当になった先生とは正直あまり合いませんでした。』

――高3の10月!それは大変でしたね。

『でも進路担当の先生と揉めたことは逆に原動力にもなりましたね。絶対負けたくないというか、落ちたら負けだと思ったので。担任の先生が突然辞めたことはかなり動揺しましたが、そんなんじゃいけない、落ちたら元担任にも顔向けできないって思って気持ちを切り替えて頑張りました。添削に関しては、世界史の先生が熱心に指導してくださりありがたかったです。東大模試は基本的にE判定だったので偉そうに語れるものは1つもありませんが、ただ気持ちでやりました。気持ちの面は大きいと思いますね。』

――さすがの精神力ですね。もし不合格だったらどうするつもりだったのですか?

『浪人してたでしょうね。日経新聞を配る新聞奨学生として仕事をしながら勉強するつもりでした。私立も受けませんでしたし、東大一本勝負でしたから…。背水の陣にして自分を追い込むのが好きなんですよ(笑)東大の合格発表の時には、既に春から新聞奨学生になるための手続きも済ませていました。結局合格できたので不要になりましたが。』

反骨精神を利用せよ!

――頑張った末の東大合格、実際に東大に来てみてどうですか?

『最初は周囲のレベルの高さに圧倒されましたね。でも東大入れちゃったので頑張るしかない、と思って優秀な人たちがたくさんいるコミュニティーに入りたいって色気付いたんですよね。そんな時「出る杭になれ」という高山ゼミのビラが目にとまりました。とてもカッコよくて。』

――私もそのビラは目にとまりました。でも、選考がありますよね?

『はい、最初は選考を受けるのもどうしようかと思ったんです。でも途中で諦めて後悔するのも嫌なタイプなので、どうせ落ちるなら先生に拒否してもらった方が諦めがつくと思って受けました。』

――そしたら見事に通った… 選考ではどんなことを聞かれたんですか?

『ゼミの志望理由と、自分がどういう風にゼミに貢献できるか、ということです。周りは高校時代から積極的に活動してきたすごい人ばかりで、私にはアピールできることは本当に何もありませんでした。でも、思い切って「能力はないですがやる気だけはあります。2年間絶対に辞めません!」って宣言したら先生は気に入ってくださったみたいで。』

――そうして入ったゼミはどうでしたか?

『すごく大変でした。最初は議論で何を言っているのかもわからないまま、ただ座ってるだけの時間もあって。最初の半年はレジュメもうまくいかなくて辛かったです。それでもやめようとは思いませんでしたが。Aセメスターに割といいレジュメが書けたのは自信にもなりました。2年になると、後輩も入ってゼミ全体の雰囲気も柔らかくなったので、少しずつ楽しんで参加できるようになりました。』

2年間で書いたレジュメ

レジュメの下調べで使った資料の一部。


実際にはこの2倍以上の資料を読んだという。

――必死で続けたことが成長につながったのですね。

『やっぱりこの環境に出会えたのは大きいです。最初の頃は自分の不甲斐なさに落ち込み、メンタルもおかしくなりかけましたが、情報の吟味の仕方や論文の書き方なども学べましたし。受験もそうですが、自分はできると信じる精神って大事だと思いますね。』

――受験もそうですが、栗山さんのメンタルの強さはどこから来ているのでしょう?

『うーん、幼少期ですかね…。大人しかったけど自分なりのこだわりはあったんです。人を退けてまでそれを叶えようとはしなかっただけで。おとなしすぎたから、親が「あなたはどうしたいの?」って毎回私に言わせてたのが大きいのかな。そこで芯が強くなったというか。自分は自分で他人は他人だとも思えるようになりましたし。さらに勉強を頑張ることで自信がつき、心の内側にあったものを外に出せるようになったという感じだと思います。』

――なるほど。今将来の夢はあるんですか?

『はい。高山ゼミの夏合宿でとても細かく人生設計を書くことになったのがきっかけです。高校の時の経験から国際問題に興味があって、得意ではないですが英語も好きだったので、その関係の仕事を調べていた時に、紛争地域で武装解除に携わっている瀬谷ルミ子さんという方を知りました。瀬谷さんのインタビューなどを読んでいて、現地の人々と交渉しながら秩序を形作っていく仕事に、これまで感じたことがないくらいワクワクしたんです。小6の時広島の平和記念式典に参列したことや、高校の修学旅行でアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を訪れたこともあり、平和構築への関心は前々からあったので、瀬谷さんのように世界平和に貢献できる仕事がしたいなと。今春にはJICAの平和構築・復興支援室でインターンとして働かせていただけることになったので、様々な情報、知識、経験を積み重ねていきたいと思っています。』

――最後に、東大を目指す受験生にメッセージをお願いします!

『結局は何事も自分自身が「絶対にやってやる!」と思えるかどうかだと思います。地方だと情報が少なく、受験競争で不利な環境に置かれることも珍しくないと思いますが、それで諦めてしまっては本当にもったいないです。むしろその反骨精神をうまく利用して、誰よりも強い思いを持って努力を継続すれば必ず報われると思います。自分を信じて頑張ってください!応援しています! 』

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。私たち『東龍門』は、東大生ならではのノウハウを活かして受験や勉強に役立つ情報をTwitterでも発信しています。質問もお気軽にどうぞ!

執筆:山口ゆり乃

この記事を書いている人 - WRITER -
三浦康太郎
東京大学後期教養学部2年。宮城県石巻高校卒。現役で文科2類に合格。 学内では社会問題についての自主ゼミや起業サークルに参加。 経験格差を是正しつつ、没頭の技術を教育で広めることが目標。 今は、あえて遠回りに視覚や脳について学んでいる。 東龍網編集長。頑張る。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東龍網ーTORYU NETー , 2019 All Rights Reserved.