東龍門ってどういう団体?

自己紹介

東龍門はモーニングで週刊連載されている漫画『ドラゴン桜2』をバックアップしている団体です。現役の東大生のみで構成されています。

なぜ東龍門が結成されたのか?

前作の『ドラゴン桜』には、当時の編集担当だった佐渡島さん(現コルク代表)の経験が大きく反映されています。その制作体制は、当時まだ東大を卒業して数年しか経っていなかった佐渡島さんが、自分の経験をもとに受験情報や勉強法を提示し、それを三田先生が漫画にする、というものでした。

しかし今回続編を作るにあたって、前作からだいぶ時間が経ち、今の受験情報や勉強法を集めるのがなかなか難しくなってしまった。そこで大学受験を終えてまだ日が浅い東大生にお呼びの声がかかった、というわけです。

どんな活動をしているのか?

主に

①漫画のアイデア出し

②リアルドラゴン桜

③イベント企画

④ドラゴン桜2×誠恵高校 presented by リクルート

をやってきました。

①漫画のアイデア出し

『ドラゴン桜2』のストーリーは都内某所にある三田先生のご自宅で毎週開催される編集定例会議で決まります。次回はどんな話にするか、どんな勉強法を紹介するか、ストーリーに整合性はあるか。僕たちはこの会議で面白くかつ効果のあるアイデアを出し、時には三田先生からのリクエストに応えるべくリサーチしたり会議したりします。

『ドラゴン桜2』では早瀬さんと天野くんという2人が東大を目指すわけですが、「2人の具体的な学力を考えてほしい」とか、「2人がどこの科類を目指すのか決めてほしい(前作だと2人とも理科1類でしたね)」とか、そういうことを考えたのも東龍門だったりします。勉強法だと「受験マトリックス」「TED -Ed」などはある東大生メンバーのアイデアです!

②リアルドラゴン桜 
簡単に言うと、
「東大合格圏外の受験生を実際に指導して東大に(大)逆転合格させよう!」
というプロジェクト。今後どうなるか誰にも予測できないですが、来年の東大合格に向けてすでに動き出しています!

③イベント企画

4月には、『ドラゴン桜2』の舞台・龍山高校の校舎のモデルになった聖光学院でトークショーを、5月に本郷キャンパスで行われた五月祭では学習相談会や原画展示を行いました!

次は11月23日に駒場キャンパスで行われる駒場祭でイベントをやる予定です!!ぜひ当日、11号館にお越しください!

④ドラゴン桜2×誠恵高校 presented by リクルート

実際にドラゴン桜2の勉強法は通用するのか?検証するべく、東龍門から二人が静岡に赴き、学習指導をしています。

そしてこの度、⑤東龍網が始まりました!

本サイトは、東大生の合格体験記や東大生がおすすめする勉強グッズの紹介プラットフォームです。

受験生、その保護者の皆さまに有益な情報を、わかりやすく、かつ面白く提供させていただきます!

コンタクトフォームからご意見、ご感想、アイデアをいただけると嬉しいです!