ドラゴン桜2をサポートする東大生による、東大生をさぐるメディア

東龍網ーTORYU NETー
東龍網ーTORYU NETー
 

東龍門とは?

東龍門はモーニングで週刊連載されている漫画『ドラゴン桜2』をバックアップしている団体です。現役の東大生のみで構成されています。活動内容は①漫画のアイデア出し・リサーチ ②リアルドラゴン桜 ③イベント企画です。

漫画のアイデアリサーチ

『ドラゴン桜2』では早瀬さんと天野くんという2人が東大を目指すわけですが、「2人の具体的な学力を考えてほしい」とか、「2人がどこの科類を目指すのか決めてほしい(前作だと2人とも理科1類でした)」とか、そういうことを考えたのも東龍門だったりします。勉強法だと「受験マトリックス」「TED -Ed」などはある東大生メンバーのアイデアです!

リアルドラゴン桜@誠恵学園

実際にドラゴン桜2の勉強法は通用するのか?検証するべく、東龍門から二人が静岡に赴き、学習指導をしています。
http://www.seikei-on.ac.jp/seikeinews_lp/

今後拡大予定です!

③イベント企画

4月には、『ドラゴン桜2』の舞台・龍山高校の校舎のモデルになった聖光学院でトークショーを、5月に本郷キャンパスで行われた五月祭では学習相談会や原画展示を行いました!

11月には駒場キャンパスで行われる駒場祭で三田先生もお呼びして「センター試験決起会」を行いました!

その時の様子はこちらの記事をチェック↓

駒場祭で行われた、東龍門と三田紀房先生による「センター決起会」の模様をお届け!

なぜ東龍門が結成されたのか?

前作『ドラゴン桜』には、当時の編集担当だった佐渡島さん(現コルク代表)の経験が大きく反映されています。その制作体制は、当時まだ東大を卒業して数年しか経っていなかった佐渡島さんが、自分の経験をもとに受験情報や勉強法を提示し、それを三田先生が漫画にする、というものでした。しかし今回続編を作るにあたって、前作からだいぶ時間が経ち、今の受験情報や勉強法を集めるのがなかなか難しくなってしまいました。そこで大学受験を終えてまだ日が浅い東大生が協力することになりました。

東龍網ってどんなメディア?

私たち東龍門がこのサイトで伝えたいのは「東大に通ずる道に正解などない」ということです。皆さんは「東大生」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?「変人」「天才」「日本の将来を背負うエリート」こういったイメージをお持ちの人も多いでしょう。確かにこれらも「東大生」の一面ではあります。しかしその内実は、もっともっと複雑です。

私たちはその複雑さをできるだけそのまま届けて、東大の意味づけを新たにしたいもしかしたら、ど田舎に暮らす高校生のあなたはこう思うかもしれない。「こんなに自分は受験が難しい環境にいるのか…」都内の進学校で中だるみの中迷走する中学生の君はこう思うかもしれない。「こんなに強い思いを持って生き、動いている人がいるのか…」このサイトから何を思うかはあなた次第です。

ただ一つ、私たちから言えることが確かにあるとすれば、このサイトにたどり着いたあなたは幸運だということ。

ドラゴン桜風にいうなら、『運に乗れ』。

初めのコンテンツは『東大生百人百色』。東大生といえど皆、一介の学生に過ぎません。彼らは受験という競争には勝利したと言えるのかもしれませんが、彼らもいまだに迷いながら走り続ける若者たちに過ぎないのです。漫画、『ドラゴン桜』では、受験生が東大に至るまでの軌跡を描きます。一方でこの一連の取材企画では東大に合格した人間のありのままの姿を、百人百色の葛藤を、喜びを、情熱を描いていきます彼らの姿は、きっと読者の皆さんを衝き動かすはずです。

『東大生百人百色』は毎週日曜に更新いたします!


Copyright© 東龍網ーTORYU NETー , 2018 All Rights Reserved.